『初夏』

photo 赤、ピンク、黄のハイビスカスを植樹 photo 初めてゴーヤも植えてみました photo 牛窓特産のオリーブも満開

2020年05月28日

季節は五月下旬、気温も急上昇中。
強い紫外線に晒されたマリーナのヤードは30℃をゆうに突破。
また、自宅の庭では南国の象徴ハイビスカスが毎日咲き、
菜園では夏野菜の象徴ゴーヤがすくすく育っている。
 

『ヒトツテンヤ』

photo アコウ、タイ、チヌ、ガシラ、オコゼ photo コブダイは放流

2020年05月27日

活ガラエビが手に入り今シーズン初めてヒトツテンヤに出掛ける。
ヒトツテンヤの魅力は何といっても釣れる魚種の多さ…
何があたっているのか分からないのでワクワクドキドキが止まらない(笑)
また、釣りのスタイルが餌を食わせしゃくるので、竿あしらいやその間合いが腕の見せ所。
タイラバのようにベテランがビギナーに釣り負けるなんてことはまず起こらない。
私も始めて4~5年になり今ではそこそこの釣果をあげれるようになった。
最近はテンヤを固定式にするか遊動式にするか試行錯誤を繰り返している。
 

『歴戦の勇者』

photo イカ名人ことKさん親子 photo YD26イカスミバージョン(笑)

2020年05月20日

凄いでしょう!ハルの墨跡。
よくもまあバウからスターンまで吐き掛けられたもんです(笑)
先日は親子で何と80杯以上のシリヤケイカを釣ったそうです。
今年は久しぶりにイカの当たり年のようです。
しかし、このイカの群れも産卵期が終わると散ってしまう。
なのでまだ釣っていない人は急げ~!

 

『釣り時々散歩』

photo オリーブ園に通じる畦道を登る photo 見事なズッキーニ畑 photo 名産のスイカ、収穫まで後100日

2020年05月16日

今週、GWの振り替えとして四日間店休を頂く。
本来なら南の島への旅行もこのコロナ禍で叶わぬものとなった。
なので三日間は釣り、風が強い一日は近くの山を散策。
いつも町民の多くは田舎の不便さを嘆いているが、今回だけは三密の無い環境に救われている。
都会人には悪いが人口僅か7000、海も山もある牛窓はストレスフリー。
しかし、余り暢気なことも言っておれない、商売は日々厳しさを増している。
たとえ緊急事態宣言が解除されても客足が戻る保証など何もないのだから…

 

『単独釣行』

photo 63、59、57と型揃 photo これで当分魚には困りません

2020年05月15日

独りのんびりタイラバに…
今日は潮が小さいので潮通しの良い砂地の斜面を攻める。
すると、タイより外道のニベやマゴチの方が多く釣れ、最早何ラバか分からなくなった。
特にマゴチは「夏のフグ」ともいわれ美味。
しかし、大型マゴチは骨、皮、鱗全てが堅く、しかも背骨から複雑にあばら骨がでているので捌きは面倒。
悪戦苦闘の末、このマゴチ、刺身、唐揚げ、鍋用に解体された。
 

1497件中46-50件表示

< 前へ 次へ >