『浜名湖にて』

photo ヤマハマリーナ浜名湖

2019年09月21日

毎年恒例のヤマハビジネスミーティング。
試乗会場の浜名湖は不運にも大粒の雨。
参加業者の試乗も疎ら…
疎らな原因はそれだけではなかった。
ニューモデルはほんの僅かでマイナーチェンジのオンパレード。
これは他社においてもほぼ同じ状況。
どんな業界であっても競争が無くなれば進化は止まる。
もうこれ以上は書けない…
ヤマハさん、来年期待してますよ。

 

『たっくん』

photo ロッドホルダー付特艤チャリンコ photo 釣り仲間と7km漕いで来店

2019年09月16日

二台の自転車が急接近…「こんにちは!」と威勢のいい声。
聞き覚えのある声の主は13才になったたっくん。
彼はおむつをしていた時からお祖父さん、お父さんに連れられ海に出ていた強者。
ちなみにお祖父さん、お父さん、それぞれボートを所有。
また、弊社釣り大会、BGF岡山大会も常連で、ボートクラブ、Sea&Sea等専門誌にも掲載された。
12年前開設した私のブログにも幾度ともなく登場、言わば彼の成長記。
近況を聞くと中学生になり部活(陸上)と塾に明け暮れる毎日で、船釣りの機会は激減とか…
自他認める岡山最強チビッコ釣り師も悲しいかなこんな状況。
これから中高大と進めば最低10年間海から離れてしまう。
今からたっくんのカムバックを願うばかりだ。







 

『秋の釣りシーズン到来』

photo 私50、ビギナー女子60!((笑))

2019年09月15日

ダブルポワソン!!
※ポワソンとはフランス語で魚

お彼岸も近くなり鯛の活性も急上昇中~
タイラバだと釣り歴50年の私がビギナー女子に負けることも…
この季節、潮流の緩い小潮は一つテンヤ、潮流の速い大潮はタイラバの二刀流で攻めて下さい。

『ヤマハFISH22』

photo 艇体はS62年だが船外機はH28年換装(アワー12h・新品同様) photo ブレッジのアクリル&横板も新品交換 photo この空間の艤装が楽しめます

2019年09月11日

昭和の時代、フィッシングボートに革命を起こしたヤマハFISH22。
リーズナブルなキャビン付ボートが大衆に受け国産艇初の累計販売1000隻超えのヒット商品となる。
当時、これで小豆島に渡り舶中泊で釣りするのが流行った。
そのシリーズ最終モデル(製造期間約10年)がFISH22ⅡーLTD。
さすがに昭和生産艇の再販はほぼ無くなったが程度が良く懐かしくもあったので今回レストアすることに…
キャビン内には大人二人が横になるスペースもありオリジナル艤装が楽しめます。
海のアウトドアを100万から始めてみませんか?

 

『秋はどこだ?』

photo 深川にある美術館 photo 芸術作品① photo 芸術作品② photo このナポリタンは芸術的な旨さだった(笑)

2019年09月08日

9月になっても夏日が続いている。
日暮れは早まりすず虫も泣き始めたが、秋特有のうろこ雲はまだ観られない。
これは次々発生する台風により南洋から高温多湿の空気が運ばれてくるからだ。
先日「芸術の秋」を先取りしようと東京江東区の「東京都現代美術館」に立ち寄る。
この日東京の最高気温は34℃、駅から美術館まで徒歩20分、到着する頃には大量の汗。
入館すると大空間にも拘わらず空調がガンガンに効いていて生き返る。
住宅街にあるこの美術館、素人目にも多額の税金が費やされたことは理解できるが人影は疎ら。
結局、作品鑑賞20分、カフェ40分、で美術館を後にした。
美術の中でも現代美術は特に難しい。




 

1413件中46-50件表示

< 前へ 次へ >