『白イカ』

photo 山陰仕様に艤装されたEX35 photo 水深45mをオモリグ30号二本ハリで探る photo スピニングで潮上に投げる釣方が流行り? photo 欲を言えばもう少し大型を釣りたかった

2021年07月23日

シーズンたけなわの白イカ(ケンサキイカ)を釣ろうと社員6名と鳥取賀露港から出船。
乗船したのは今年弊社で購入して頂いた野翁丸(ヤンマーEX35)
今年本格プロデビューを果たした若き30代の船頭さんだが、釣りのセンスと実績は申し分ない。
往路中国山地で豪雨に見舞われるも、出船時は雨もあがり海面コンデションも上々。
それで、釣果だが釣り座のせいかはたまた腕のせいか竿頭は60杯、初挑戦の社員で15杯。
因みに私は40杯ってところか?
そして、白イカの旨さはアオリイカと双璧をなす。
刺身以外に煮ても焼いても漬けてもいけるので貰い手が殺到、あっという間に無くなった。
瀬戸内で釣れない白イカ、船頭さんを応援する意味でも毎年恒例のイベントにしようと思う。

 

『オリンピック直前』

photo 沼津の富士ボーティングさん photo 眼の前は桜エビの生息する駿河湾 photo 集中豪雨を予感させる不吉な雲

2021年07月22日

物議を醸した東京オリンピックも開催間近。
関東方面は各所で交通規制がひかれるというので四連休前沼津に出張。
また、この日は猛暑に見舞われマリーナヤードに立っているだけで倒れそうになった。
まあ、コロナ感染そして猛暑と、心配の尽きない今年の夏。
 

『真夏の朝練』

photo 脂ののった子持ちヒラ photo 腹を裂くと何故か真子二割白子八割 photo ポイントは自宅の真南2mile

2021年07月21日

全国的に梅雨が明け、そしていきなりの猛暑!
子供達は夏休み、大人はオリンピック観戦の夏だが、私は飽きもせず「朝練」
今朝のターゲットは岡山県人の大好きなヒラ!
実は昨日も釣ったが、貰い手が徐々に増え不足分を充当する為今朝も釣行。
5時起床、寝室の窓から双眼鏡でポイントをワッチ…少々東風が吹いているが許容範囲。
寝姿の短パンTシャツのままライジャケを纏いざ出漁~
風が強いせいかポイントは2時間貸し切り状態。
釣果は昨日20本、今日は多めに30本だったが暴れ狂う魚を短時間に釣り上げればかなり体力を消耗する。
朝、上半身鍛えたので、夕方は下半身を鍛える為オリーブ園までウォーキング。


 

『廃船』

2021年07月17日

町内のとある港、不法係留の成れの果て…
県内15ヵ所のボートパーク(県営簡易係留場所)が設置され20年以上経つが、不法係留が一掃されたわけではない。
利用者目線でなくお役所のご都合主義の施設ゆえ、利用料は民間施設と比較しても断然安価だが今でも半数の施設に空きがある。
因みに牛窓には3セクのヨットハーバーと二つの民間マリーナはあるがボートパークは無い。
数年前、港湾の沈船及びその予備軍に海上保安本部による不法投棄の注意ステッカーの貼り付けがあったが今は見らない。
これは廃船の定義が曖昧で完全沈没船以外に貼ると法的に問題が生じるので中止されたらしい。
解かり易く言うと、船検が30年前に切れていようが、牡蠣やワカメがてんこ盛りになっていようが、
デッキに草が生い茂っていようが、浮いてさえいれば将来整備して使用する意思があると言われるとセーフとのこと。
近年では船検番号を剥がし所有者を特定出来ないようにして投棄する悪質な事例も見られる。
また、昭和に生産された船が耐用年数を迎えたこともあり行政や個人からの廃船依頼は増加傾向にある。
例えば小型船(20Fクラス)の処分費用は自走可能であれば10万で済んだものが半沈状態なら20万、
ましてや完沈、しかも海底の泥に埋まっていたなら作業の難易度により30万、40万と跳ね上がる。
所有者は廃船に至るまで色々な事情があったにせよ、摘発される前に責任ある行動を取らなければならない。
※処分方法は「FRPリサイクル」で検索




 

『牛窓朝市』

photo 雰囲気的に朝市というよりフリマ photo 朝市が元気の源、コハダレディース photo 今日も見事完売!流石です~ photo 行列が出来たのはマッシュの詰め放題

2021年07月12日

コロナで延期されていた牛窓朝市が数ヵ月ぶりに再開された。
牛窓漁協で開催されていた会場は今回から出島公園に移動。
とりあえず会場を一周、すると鮮魚を扱う店が見当たらない。
店数こそ十店程あるが、海辺の朝市で鮮魚が買えないとなれば、○○を入れないコーヒーみたい。
まあ朝市というよりフリマ、ガレッジセールという雰囲気で客層にも多少変化が見られた。
関係者に聞けば、鮮魚はヨットハーバーで独自開催とのこと。
この日はオリーブ園とフェリー乗り場でも同じようなイベントがあったらしい。
また、元町立病院をリノベーションした複合施設(飲食中心)もオープンを控えているが、
こうした観光に纏わるイベントは地元民でも把握し辛くなっている。
一町民として、各イベントの主催者は話し合って一貫性を持たせ、もう少し観光客に分かり易いものにすべきだと思う。






 

1593件中1-5件表示

次へ >