『自然の恵み』

photo ある日の牛窓海岸

2021年05月15日

瀬戸内海に面し丘にはオリーブが実る県下有数のリゾート地牛窓。
この自然の豊かさに魅了され都会からの移住者も多い。
このブログでも牛窓移住のメリットとして魚貝草類の採捕や山菜採りを載せてきたが、私の認識不足により条例に接触する内容もあったようだ。
しかし、最近一番驚いたというかショックだったのが、全国規模でのアワビ・ナマコ採捕禁止条例の強化だ。
令和2年12月の漁業法改正により違反者は3年以下の懲役又は3000万以下の罰金に処せられる。
私等は幼少の頃から四季折々、アサリ、サザエ、ナマコ、ワカメ、モズク、ヒジキ、トコロテングサ、テナガタコを採捕してきた。
しかし、今まで歩行徒手採捕であればOKと認識していたが、厳密にいうとその多くは採捕禁止らしい。
以前より一般論として高価なアワビ(牛窓には殆ど生息しない)は密漁の対象と認識していたが、いつの間にかマリーナの桟橋下にころんでいるナマコが大出世…
本来、ナマコは無味無臭で季節感というか食感を味わうだけの地味な存在、それが密漁者急増に至った原因としては中国での需要の拡大がある。
それにしても、過去散々策を講じても激減したアサリ等と違い、放流や禁漁等を講ずることなく一定数を保っていたのにこの措置は解せない。
何でも法の解釈上、道に落ちているナマコを拾った瞬間に岡山県海面漁業調整規則違反になるそうだ。
県(国)は冊子等で「海を愛する皆様へ」というタイトルで理解を求めているが、内容は実に一方的でドギツイものとなっている。
現在ナマコは、牛窓漁協において潜水漁、箱メガネ漁の許認可(鑑札)はなく採捕手段は底引網漁のみ。
因みに私も漁協の準組合員であるが、採捕の術は全く無い状況。
だとすれば、磯に生息するナマコは永遠に誰にも採捕されないことになり、逆に増えすぎて生態系に影響を及ぼしかねない?
まあ、この改正議論が何処でどのように行われたか知る由もないが、安易な密漁防止策は諸刃の刃、海辺の魅力低下に繋がりかねない。
密漁を否定するわけではないが、このままでは、いずれ海は眺めるだけのものになり、「自然の恵み」は死語になる。







 

『愛艇』

photo 熟練のハンドル捌き photo 在庫不足で2カ月も待って頂きました

2021年05月08日

離岸するのは昭和の名艇ヤマハF23HT(1985年製造)
今回3台目の船外機に換装。
新艇当時からの2スト115馬力船外機を2002年まで17年間使用。
そして4スト115馬力船外機に換装後2021年まで19年間使用。
なお、艇体は36年経過しているが、ハル、デッキ共にしっかりしている。
70代半ばのオーナー様は新品エンジンにご満悦。
帰り際、またこれで安心して沖に出れるが、次は自分の耐用年数が心配じゃ~と言い残され帰路につかれた。

 

『今日はナニラバ?』

photo 鯛は進物、ニベはフライ、コチは唐揚げ photo 女性社員Aさん夫婦も仲良く鯛3枚づつ

2021年05月07日

GWも一段落、食料確保に海へ…
今日は長潮、潮的にはメバルやガシラ狙いだが…
夜明けから満潮の7時までイカ釣り、それから昼にかけての満ち上がりをタイラバ、このプランに決定。
夜も明けきらない4時半豊島に向け出航。
豊島のイカポイントに到着、二時間近く流すが、一度のアタリも無いまま満潮の潮止まりを迎え万事休す。
転流まで、朝日を浴びながら独りモーニング。
引き潮の行き始めた8時、気を取り直し普段は潮の速い井島水道40mラインでタイラバを試すが反応無。
迷った挙句1マイル沖の砂の瀬に移動、周辺15mから最浅8mのかけ上がりを探ると12mラインでアタリ連発。
ここの潮流は大潮時3ノットだが、長潮の今日は最速時でも1.2ノット、浅くもあり45gTGで余裕の底取り。
また、浅いと浮袋が膨らまない分、どの魚も水面まで大暴れしてくれるのでエキサイトフィッシング!!
前半ニベ3本、マゴチ3本と外道が先行したものの、終盤マダイが5枚釣れ何とかタイラバになった。



 

『睡魔との闘い』

photo 密を避け浜田港岸壁で弁当を頬張る photo 静穏な水面を持つ広島沖野島マリーナ photo 呉「てつのくじら館」三度めの来館

2021年05月03日

コロナ終息が未だ見えぬまま二年目のシーズン。
県外への出張は極力控えるようにしているが職業柄全く行かない訳にもいかない。
私の場合、往復1000㎞圏内の移動手段は車。
元々身体は頑丈な方だが、近年運転中の睡魔には悩まされている。
特に慣れた田舎の高速道が危ない。
走行中ガムを噛み大声で歌ったとしても眠い時は眠い。
最近ではナビに促される前にSAで仮眠するようにしている。

 

『軟体動物』

photo シリヤケイカ&マダコ photo 色の褪せたスッテが敗因? photo イカ釣り船団

2021年04月30日

二日間降り続いた雨もあがり今朝もせっせと海洋調査。
先週からシリヤケイカ(コウイカの仲間)が釣れているという情報はイカに?(如何に?)
大雨直後で靄が掛かっていたが町内の地磯ゆえ航行は問題なさそう。
夜明け前に出航したのでポイントには一番乗り!
風もなく潮は干潮間際でゆっくり東に流れていて釣り易そう。
そして、今年の記念すべき第一投…
ゴロ石混じりの10mから砂泥斜面を下った20mまでのラインを丹念に探る。
開始から何も起こらぬまま一時間が過ぎる。
ライバル船も集りだし焦りを感じ始めたその時、念願のアタリ!
しかし、重量感は感じるものの、あのイカ特有のジェット噴射が無い。
そして、ふわふわ船べりに寄って来たのはマダコ。
そうこうしているうち潮は満ちに転じ、タイムリミットの迫る中何とか待望の初イカをゲット!
上級者は4、5ハイ釣っていたようだが、仕事もあるので7時納竿。
因みに昨年のデーターによれば5月下旬がピークだったので今後が楽しみだ。







 

1570件中1-5件表示

次へ >