『経営者研修会』

photo ヤマハマリーナ(株)沼津マリーナ photo SR310で出航、残念ながら富士山は拝めず photo 沖からもよく目立つクラブハウス photo ニューアカオ、沖は初島

2018年12月08日

年末恒例ヤマハトラスト経営者研修会、今年の視察先は沼津&熱海。
しかし、いったいいつまで研修すれば一人前の経営者に成れるのだろう?
なあそれはさておき、メンバーのマリーナ二社を訪問。
まずはヤマハ系のマリンピア沼津さん、SR310をシースタイル艇として導入、駿河湾から富士山を眺めるクルージングを企画、粋だね~
次に富士ボーティングさん、今夏襲来した台風でクラブハウスに甚大なダメージを受けながらも仮設ハウスで奮闘中であった。
夜は全国のメンバー16名&ヤマハ8名の総勢24名(オール男性)で懇親会、それにしても少し華が欲しかった(笑)
宿泊は台風の波でレストランの窓ガラスが割れたホテル・ニューアカオ、
レストランは改装であったが、何せ巨大なホテルで温泉まで辿り着くのに一苦労。
そして絶景の露天風呂に興奮したわけではないが、湯船で滑り向こう脛を強打流血、傷口に塩辛い湯が沁みて痛いのなんの…皆の笑い者に成る。
まあ旅や人との交流は基本的に嫌いではないが、先般会から身に余る役職を仰せ付かり何処に行ってもスピーチが待っていて憂鬱だ。

 

『エンジン整備』

photo サッシ&アフトステーションを撤去後エンジンを降ろす photo 撤去後のエンジンルーム photo SX430KUH photo マリンギヤ

2018年12月02日

UF29HPからSX430KUHを降ろす。
今回は消耗品以外にターボチャージャー・ダンパーまで交換。
一般的に耐久力のあるディーゼルエンジンであっても経年劣化の進行で付属部品の交換は必須。
このUF29HPもエンジンの他に艇体補修、航海計器交換まで含めると再生費は軽く100万を超える。
船は老朽化が進めば進むほどコンデションの見極めが難解。
再販するには使用環境、整備記録、あらゆる情報を精査し取り組まないといけない。
 

『海水温17°C』

2018年12月01日

今日から師走、泣いても笑っても残すところ後一月。
最近、暇を持て余しブログもここ三回程同じようなことを書ている気がしないでもないが…
さて、以前海水温は気温の一月遅れになるというブログを書いた。
その続編になるがグラフで示すように12月1日の海水温は17°C、それに対し5月1日は14°Cと意外な数値。
陸上の人間様は5月GWの頃から半袖になり12月になればコートを羽織るというのに…
以前新潟の釣り師から日本海は水温上昇が遅く6月頃にならないと魚は釣れないと聞いたことがある。
12月ともなれば季節風の吹く日も増えるが、魚の活性はまだ高くお薦めのシーズンだ。


 

『暖冬の兆し』

2018年11月30日

暦の上では充分初冬だが全く寒くならない。
現在牛窓沖の海水温はほぼ気温と同じ17°C。
タイは15°Cを割ると活性が鈍り堅い餌を食べなくなるという。
数狙いの人は10月からサビキで釣っているが、まだ暫くはタイラバでも対応出来る。
タイラバファンはこの越冬前の荒食い期を逃さす手はない。

 

『冬来てますか?』

photo 水路を微速前進 photo 小江の向い沖ノ島 photo 底引き船団の母港、小豆島小江

2018年11月29日

本日の気温17°C、明後日から師走だというのに妙に暖かい日が続いている。
天気予報では週明け20°C超えもあるという。
なので小豆島への往来もまだオープンボートで充分。
寒くならないことはとりあえずボート屋にとってはありがたいことだが…

 

1284件中1-5件表示

次へ >