『濃霧注意報』

photo 黒島 photo 正面にホテル・リマーニ photo 黒島 photo 【参考画像】雲海に浮かぶ富士山

2019年10月30日

今朝の朝練は濃霧に阻まれ至近距離で行った。
この時期、前日に雨が降り翌日晴天で寒暖の差があれば霧の発生率が高い。
山間部ではこのように低く立ち込める霧を雲海と呼ぶ。
これから晩秋にかけ何度か観られる現象だ。

 

『必殺二隻積み』

photo ブルーのラックは弊社オリジナル photo 専用車は地上高70㎝の超低床

2019年10月26日


ボート運搬専用トラックに2隻積み。
下段 YAMAHA LS20
上段 YAMAHA F17
これからユーラシア大陸に向け出発。

『秋晴れ』

photo 雨の合間にY32を試乗 photo photo

2019年10月25日

今年の秋は度重なる台風の襲来もあり雨天が多い。
「晴れの国岡山」もこのところスッキリしない日が続いている。
特に10月は運動会や祭り等多くの催事目白押し…
マリン業界においても展示会や釣り大会は屋外のイベントだけに天候が大いに気になる。
来週に迫った弊社釣り大会、晴天ベタ凪の予報はどうか外れませんように!

『LS20曳航』

photo LS20ここから曳航 photo 吉井川を南下 photo レスキュー艇記念すべき1000h達成 photo 本土と犬島の水道を通過中

2019年10月20日

吉井川の支流干田川からLS20を曳航。
係留場所の川幅は僅か15m、しかも両岸に係留船が有るので有効幅は6~7mと狭い。
吉井川に出るまでの200m船がバタつかないようバウとバウを舫い後進2Ktで曳く。
吉井川では艫に船を回し澪筋を前進6Ktで下る。
そして岡山港を経由瀬戸内海に出ると8Ktにスピードアップ。
道中波もなく牛窓迄2時間の曳航も無事終了。
瀬戸内海の河川からの曳航は干潮だと水深が浅く近づけず、満潮だと水門の扉に閊えたりと時間調整が必要だ。
 

『北海道弾丸出張』

photo 小樽港マリーナで試乗 photo 小樽の天狗山にて photo エンルムマリーナ室蘭 photo 室蘭地球岬からの水平線

2019年10月19日

秋深まる北海道に一泊二日の弾丸出張。
初日は日本海側の小樽で試乗、幸い海は穏やかで予定通り行うことが出来た。
その夜飲み歩き帰る頃には息真っ白、この寒さはまるで忘年会の様(笑)
二日目、小樽から車で200㎞南下太平洋側の室蘭、苫小牧のマリーナを視察。
僅か二日間の小旅行であったが、海鮮は勿論、ラーメン、スープカレー、ジンギスカンと北海道グルメを堪能した。
 

1385件中6-10件表示

< 前へ 次へ >