『台風報道の考察』

photo 台風通過で海水温は?

2020年09月09日

台風10号は8日未明温帯低気圧に変わった。
さて、今回の10号程発生時点からざわついた台風はなかった。
「最大瞬間風速80m」
「100年に一度の風雨」
「伊勢湾台風級の歴史的勢力」
「不要不急の外出は控え命を守る行動」
等々、次々際どいワードが飛び交い未曽有の台風襲来に恐怖を覚えた人も多かったと思う。
しかし、結果的には最大瞬間風速も60mに届かず危惧された程の被害は無かった。
この状況を鑑みある人が「史上最大の過大評価台風」と揶揄したが実に上手い表現だ。
通過後、気象庁は勢力低下の原因を直前に通過した9号の海水攪拌(水温低下)と発表したがAIでも予測出来なかったのだろうか?
※台風の進路予想は今までにないくらい正確だった。
また、夏場は台風から遠く離れた場所で発生するゲリラ豪雨にも注意が必要。
これに関しても毎年のように「50年に一度の○○」「100年に一度の○○」を連発しているが、
次は「200年に一度」「300年に一度」と表現がエスカレートすればする程報道に慣れてしまい逆効果。
特に今回は九州接近前に勢力が低下してしまい、ばつが悪かったのか大阪の台風(2018年)や千葉の台風(2019年)等過去の映像が多用され、どの映像が10号か解らないくらいだった。
今後も温暖化による大型台風の発生は否めないが、視聴率を意識して、それ怖いぞ逃げろと賑やかに捲し立てるだけの報道は如何なものかと思う。


 

『台風10号通過中』

2020年09月07日

朝一港周辺を見回わったがヤシの葉が落ちていた位で被害はなかった。
牛窓は未明に強風圏に入り、ピーク時には最大瞬間風速で20m前後吹いたと思われる。
史上最強と言われたこの台風も九州に達する頃には多少勢力が衰え「特別警報」の発令には至らなかった。
よく台風は一度通ったコースを再び通ると言われるが9号10号も正にこれだった。
今後秋が深まり太平洋高気圧が東に去れば東寄りのコースを通るので注意が必要だ。


 

『台風10号接近中』

photo いつもと変わらぬ瀬戸の夕凪 photo 避難漁船が増えてきた photo 明日は展示艇をロープで固定

2020年09月05日

「嵐の前の静けさ」とはよく言ったものだ…
朝方から多少雲は出たものの牛窓港は凪ぎで台風接近が嘘のようだ。
最大瞬間風速80m、未曽有の勢力を誇る台風10号が岡山に最接近するのが二日後の月曜。
現在の進路予想では九州西岸を北上とのことだが、少し東にズレれば岡山も強風圏に入る。
月曜の満潮時には高潮も予想されるが、大潮の満潮より25㎝低い(中潮)のが不幸中の幸い。
しかし、気圧の低下、波の吹き寄せ、河川からの濁流等が加われば危険度は増す。
明日の日曜、係留保管のオーナーは係船ロープ、フェンダーの点検&補充をお忘れなく!


 

『浮桟橋曳航』

photo 離岸作業は小回りの利くドライブ船で… photo 潮の流れも味方し1Ktアップ photo 接岸時再びドライブ船登場 photo この後メンテナスの為上架した

2020年09月04日

9月に入り続々と台風が接近。
その間隙を縫い同業者から譲り受けた浮桟橋を牛窓まで曳航。
現場には二隻で向かったが、二本の桟橋は繋いでトルクのあるシャフト艇で曳航。
湾内ではフェリーや貨物船の邪魔にならぬよう細心の注意を払う。
沖に出たところで波の具合を見ながら適正な曳航速力を探りながら進む。
この日は思っていたより穏やかで平均船速5Kt、2時間半で無事帰港。





 

『青物や~い!』

photo 小豆島東沖に位置する水ノ子岩 photo 表層、中層、海底どこもベイトだらけ… photo マイワシも居るが画像はカタクチイワシ photo 鰯のナブラ

2020年09月02日

小豆島で青物が好調いう情報を入手。
早速休みにそのポイントに走る。
朝ポイントに着くや否や海面にはイワシのナブラ、魚探にもばっちり魚影。
すかさず今流行りの「落とし込み仕掛け」を中層20mまで降ろすと小イワシと豆アジがガンガン当たる。
しっかりサビキにベイトを付けスルスルと海底40mまで降ろすと青物が飛びつく!…というシナリオ。
しかし、そうは問屋が卸さない(苦笑)
ベイトの鰯は読んで字のごとく弱く海底で元気に泳ぎ廻るのはせいぜい1~2分、4~5分でご臨終。
従ってこまめに活きの良いベイトに付け替えるが、この日は最後までメインターゲットのハマチは釣れなかった。
唯一掛けたサワラも船べりでさようなら~
結局、アコウ、白グチ、マルアジ数本釣ったところで潮が止まり納竿。
台風が明け潮通しの良い日にまたリベンジだ。

 

1497件中6-10件表示

< 前へ 次へ >