『名物は旨い物とは限らない』

photo NTPりんくうマリーナの20t,60tクレーン photo 名古屋駅のホームにて

2018年10月28日

例のごとく愛知に日帰り弾丸出張。
昼は名古屋駅新幹線ホームで立ち食いのきし麺。
ここは冷凍麺を解すだけだが何処より旨い。
仕事を済ませた帰り道、今度は駅ビルで味噌煮込みうどんを食ってみた。
しかし八丁味噌の味は兎も角うどんが全く煮込まれてなく妙に堅い…(泣)
俺のだけかと辺りを見回すが、皆黙って啜っている。
お店の名誉の為画像はアップしないがこの「味噌煮込まれていないうどん」はNG。
てなことでカロリーオーバーは気になるが御口直しに駅弁を購入新幹線に乗り込んだ。
 

『出張』

photo 平日の朝ひっそりとしたYBM photo 田舎のボート屋にとっては異空間

2018年10月27日

今でも月に二三度は県外に出掛ける。
だが出張のスタイルも年と共に変化。
以前は中四国・近畿(往復800㎞迄)は車で日帰り。
関東、九州に至っても単独の要件なら飛行機&新幹線でほぼ日帰り。
そう、体力に物を言わせ時間と経費を圧縮して来た。
しかし最近、早朝出発深夜帰宅の弾丸出張は流石に辛くなり、目的地のホテルに前泊するようになった。
適当なブログネタも無いのでしょうもねぇ~こと書いてしまった((笑))

 

『日の出』

photo そろそろダウンの季節 photo 真鯛も脂がのり美味しくなった

2018年10月22日

秋も深まり随分日の出も遅くなった。
夏至の頃4時45分だった出航も今朝は6時15分。
実際竿を出せる時間も3時間から1時間半になった。
朝練(早朝仕事前の釣行)も残すところ後一ヶ月余り…
ちなみに日照時間が短く水温の低い12月~3月はオフシーズン。
短期決戦になればなるほど集中力は増し、ワンチャンスに掛ける思いは強く成る。
 

『試運転日和』

photo 手前はFAST26、沖はYDX28 photo FAST23 photo CR28

2018年10月19日

秋も深まりこのところ晴天が続いている。
9月は度重なる台風に翻弄され作業も大幅に遅れた。
その遅れを取り戻すべく急ピッチで試運転する今日この頃。






 

『鰤』

photo 死闘20分、PE1号リーダー3号でよく持ち堪えた photo 会心の一本、堂々たる鰤でした!

2018年10月18日

牛窓で独りのんびりタイラバ…
午前中の潮返しで真鯛7枚、そこそこの釣果。
腹も減ったし帰ろうとタイラバを回収していたその時、手からロッドをもぎ取られるような衝撃!
水深は15mと浅かったため魚は横に突っ走る。
タイラバロッド(紅牙)は極限に曲がり、ベイトリール(リョウガ)のドラッグはかつてない程鳴き続ける。
やり取りの中、三週間前エイに足を刺された悪夢が蘇る。
しかし時おり鋭角的な突っ込みもある。
これはエイなんかじゃない。
もしや…
そうこうしているうち船は潮に流され島に接近、徐々に焦る。
凄い重量感の中、竿を立てたまま船を三周、腕も痺れ喉もカラカラ。
もうバレても良いからせめて顔だけでも拝みたい…
ヒットからどれくらい経ったのだろう?
ようやくリーダーが水面に…
あと3m、と思った瞬間魚は最後の力を振り絞り反転、でもしっかり尾びれを確認、これは鰤だ!
長らく抵抗を続けた鰤も一旦水面で空気を吸わせると大人しくなり無事たも網に収まる。
計測すると体長97㎝、9kg…何と自己最長寸!
今まで室戸、大水瀬、宇和海で釣ったのよりでかいのが皮肉にも牛窓で釣れた。
帰港後早速船上で解体、幸い寄生虫も見られず、天然独特の少し赤みがかかった綺麗な身。
また胃袋を切開すると以外にも空っぽ、牛窓に着くや否やハリに掛かった不運な鰤。
最後に、こんなライトタックルで仕留められたのは、優秀な日本の工業製品の勝利だと思う。

1284件中16-20件表示

< 前へ 次へ >