『モックリ』

photo 何やら塀にしがみ付いている photo クマゼミの羽化 photo その後セミは飛び去りモックリの抜け殻が残った photo 何故か夏になると童心に戻ります

2019年07月21日

モックリ(セミの幼虫)は夏休みが始まる今頃土の中から出て来る。
幼少の頃、毎朝のラジオ体操前は薄暗いうちから虫捕りに出掛けた。
そしてラジオ体操の後は、男子は相撲の稽古、女子は盆踊りの稽古。
話は虫捕りに戻るがカブトムシやクワガタは難易度が高いので初心者はモックリ…
今朝、裏庭でクマゼミの羽化に出会う。
こいつが喧しい位鳴きだせば本格的な夏の到来だ。
 

『YF27EX整備中』

photo 換装中のYF27EX

2019年07月20日

北上中の台風5号は梅雨前線を刺激し断続的に雨をもたらしている。
従って弊社もここ数日屋内での作業が中心。
画像は工場内で再生中のヤマハYF27EX…
今後、F250船外機(FSR仕様)換装、シート張替、GPS魚探取換と移行、
おそらく完成の頃には梅雨も明けていることだろう。
 

『梅雨末期』

photo 用水路水門脇の沈廃船

2019年07月15日

今年は例年に比べ遅い梅雨入りだったが来週には明ける予想。
先般の九州南部を襲った記録的な豪雨は河川の氾濫を招いた。
まあ牛窓には川と呼べるようなものは無いが数本の用水路は存在する。
15年前の高潮被害以降、行政による防潮堤建設は継続的に行われている。
高潮による海水の流入阻止は勿論大事だが雨水の放出も同様に大事。
町内の用水路脇にも沈廃船があるが一旦水門に引っかかれば洪水は免れない。
何かあってからでは遅い、ボートオーナーのモラルが問われる。

 

『三連休』

photo 雨で視界が悪い中レーダー頼りの航海 photo 普段多くの釣船で賑う明石大橋もガラガラ photo YFR24(シースタイル艇)の出航 photo 正に梅雨空、どこもかしこもセピア色

2019年07月14日

梅雨でぱっとしないお天気が続いているがせっせと仕事をこなす毎日。
三連休初日はFG35を大阪から回航。
新大阪に向かう新幹線は三連休とあって鮨詰め、その点海は混雑知らず、雨こそ降ったが凪で助かる。
今日は宇野でBGF岡山大会、担当スタッフ不在で急遽私がシースタイルを担当。
操船経験の浅い会員さんだったので、親切の押し売りぎみに離着岸のレクチャーをやる((笑))
さて雨でこの二日間出航を控えてたオーナー様、明日は大丈夫そうですよ!

『クルージング二日目』

photo ウサギに癒されようと大久野島に上陸 photo 真鍋島三虎さんの専用桟橋 photo 今回ヤマハUF29、ポーナム28を使用 photo 塩飽諸島広島は母の故郷

2019年07月11日

尾道では老若男女楽しい夜を満喫。
二日酔いで青白い顔したメンバーもいたがとりあえず出航。
目指すは放し飼いのウサギで有名な大久野島。
以前にも上陸経験があり鮮度を保った野菜(クーラーボックス)持参という念の入れよう。
そして、村上水軍発祥の船折瀬戸を通過後は燧灘をひたすら東へ2時間、ランチを予約した真鍋島に到着。
今回お世話になったのは島宿三虎さん、海鮮をイタリアンぽくアレンジ、今風で美味しかった。
ランチ後は備讃瀬戸の島々を縫い無事牛窓に帰港。
今回は梅雨の最中にも拘わらず一滴の雨にも遭わないというラッキーなクルージングだった。

 

1385件中36-40件表示

< 前へ 次へ >