『ニベ』

photo いつの間にかタイ釣りがニベ釣りに… photo このピンクのワームがニベを誘う

2020年06月10日

6月、産卵を終えたタイの群れはちりじりになる。
なので毎年夏場は10mを切るような浅場でタイラバをやる。
このポイントは潮が大きいと2Kt以上流れ、潮が海底の砂を巻き揚げ海水はマッ茶色。
潮流1.5Ktまでならタイも食って来るがそれ以上になるとニベの独壇場。
知名度が低く地味なニベだが癖のない白身ゆえ料理方法は豊富…
定番の刺身、潮焼き、煮つけの他にムニエル、焼き切り、潮汁etc。
そして、魚体も50cmぐらいまで成長するので釣りごたえがある。
また、釣りあげると浮袋を震わせガマガエルばりの鳴き声を発するので一度聞いてみて下さい。



 

『サルパ試乗』

2020年06月08日

本日、サルパ26の試乗。
お客様と沖で乗り回すもベタ凪ぎ過ぎて波切(凌波性)を体感出来ない。
挙句の果て、旋回して自艇の波を横切る始末。
う~ん、試乗は多少荒れてた方がいいかも…

『船底塗装』

photo 上架時はギヤオイル&アノード交換をセットで… photo 23Fでも汚物の量は猫車1杯以上

2020年06月07日

夏も近づき水温も急上昇!
この時期になると船底のフジツボや海藻も大きく育つ。
そして来週あたり梅雨入り?
船底塗装は天気の良いうちに済ましましょう。

『にぎやか』

photo 夏至も近く5時前日が昇るようになった photo 釣れて一番うれしいアコウ photo タイラバではあまり釣れないチヌも… photo テンヤ釣りの常連ガシラ

2020年06月04日

懲りずにまたまたヒトツテンヤ~
長時間粘っているとバラエティーに富んだ魚が次々とあがってくる。
ちなみにこの日はタイ・ヒラメ・アコウ・チヌ・ニベ・グチ・ガシラ・ベラ・エソ・コウイカと10魚種達成!
不思議なことに普段よく釣れるコチ・フグの顔は見えなかった。
過去にはコブダイ・エイ・サメ等モンスター級の魚も釣れた。
そして餌の活ガラエビの生存を朝夕桟橋まで見に行くのも日課となった。

『終息を願い』

photo サプライズ花火に歓声と拍手

2020年06月03日

6月1日夜、
全国160の煙火店が新型コロナウイルス感染終息を願い花火を打ち上げた。
これは、あえて日時や場所を明かさない『サプライズ花火』
ここ牛窓も一文字堤防で数十発、時間にして数分打ち上げられた。
そもそも密を避けるため無告知のはずが、海岸に出てみれば既に数百人のギャラリーが陣取っていた。
それにしても町民も殆ど知らない企画を岡山や倉敷から来た人はどこでどうやって知り得たのか?
やはりSNS?
ともあれ今の日本で隠密行動は難しい。




 

1469件中11-15件表示

< 前へ 次へ >