『暖冬』

photo 30~40㎝が数釣れている photo 特に転流時は鯛の活性が上昇 photo サビキ用シャクリ機なら楽チン

2020年01月17日

雪不足でスキー場が泣いている。
大寒まであと三日というのに岡山県下でまともに滑れるところは無いと聞く。
この暖冬はスキーヤーにとってデメリット。
そして海に目をやればとにかく海水温が高い。
例年なら牛窓沖の海水温は正月過ぎれば10℃を下回っていたが現在12℃を切ったぐらい…
本来真冬の鯛釣りといえだサビキ一辺倒であったが、今シーズンは未だタイラバ、ヒトツテンヤでも釣れている。
この暖冬による高水温高活性はアングラーにとってはメリット!?

 

『牛窓一文字灯台』

photo 「みなとオアシス」「日本の夕日百選」でも有名 photo 我家からこの灯台を眺めて60年

2020年01月13日

先般海上保安部から現在の8.1m白灯形から4.6mポール形に変更の通達を受け反対運動が巻き起こった。
地元では牛窓港の景観のシンボル的存在が喪失、シビックプライドまで失われてしまうと波紋が広がっている。
港町の風情と航行安全機能の狭間で灯台が揺れている。

※ 「シビックプライド」…イギリスの言葉で都市に対する誇りや愛着という意味

 

『納艇整備』

photo ジンバルからドライブを取り外す photo ドライブは消耗品交換と塗装を施す photo エンジン本体の整備も完了 photo テストラン待ちのUF26SD-SX

2020年01月12日

納艇間近のヤマハUF26SD-SX。
年末からの艇体補修に続き、年明けからはエンジン&スタンドライブをオーバーホール。
遠隔地にお嫁入することもあり念には念を入れ整備。
明日は沖でテストランの予定。

『送迎』

photo 小海小島を右に見ながら入港 photo 小さい港ながら綺麗に整備されている photo その昔ビッグダディがここに住み釣りをした防波堤 photo では、さようなら~

2020年01月11日

小豆島のお客様から中古艇を見たいと連絡が入る。
待ってましたとばかりに船でお迎えに…
幸い昨日までの風も止んでおり、待ち合わせの小海港までは7mile20分。
お客様を乗せ牛窓に帰り一時間の商談でありがたくもご契約を頂く。
そして再びお客様を小海まで送り届ける。
仕事を終え、あまりに天気が良いので屋形崎沖で魚影を探しながら帰路についた。
 

『爆弾低気圧』

photo 西寄りの強風が吹き荒れた photo 波が一文字防波堤を超えた

2020年01月08日

今日は2020年仕事始め。
未明の大雨に続き夜明けは春を思わすような陽気。
二時間ほど経つと今度は暴風!
冬季発達中の低気圧からのびる温暖前線と寒冷前線の三角地帯は本当ヤバい。



 

1456件中56-60件表示

< 前へ 次へ >