『役割分担』

photo 気温の低下と共にだるま朝日が見える日が増えた photo 活き締めし鱗を剥ぐ photo エラと内蔵を取り血を洗い流す photo 三枚に下ろした後刺身に…猫が離れません(笑)

2018年11月18日

手先の良いうちの工場長は僅か1時間半の朝練でタイ10枚!
そのタイを寄ってたかって皆で捌けば、阿吽の呼吸であっという間にタイ刺の出来上がり。
タイは社員食堂のまかない料理として振舞われた。
 

『移動の毎日』

photo YBMで中古艇の試運転に立ち会う photo 千葉の保田マリーナでは買取査定 photo 東京麹町でMB協会の支部長会議に代理出席 photo 京都のトラストシースタイル部会は会長としての初仕事!

2018年11月15日

今週は神奈川、千葉、東京、京都に出張。
そろそろ疲労もピークに達する今日この頃。
しかし手帳には来週山陰と北陸の予定が…
 

『FX20鳥取へ』

photo 朝自社ユニックで出発 photo 大栄ボートパークで下架 photo 納艇説明中 photo 雲を被った大山、紅葉はもう少し先?

2018年11月10日

この度岡山県北のオーナー様とご縁があり鳥取にFX20を納艇。
牛窓から国道2号→山陽道→岡山道→中国道→米子道→山陰道と小刻みに乗継ぎ、
三時間半掛け搬入先の大栄ボートパークに到着。
この日の日本海は荒模様、海原には一隻の船も見えない、既にシーズンオフ?
現地での係留作業はオーナー様の船友達にもお手伝い頂き迅速に完了。
今後、来シーズンに向け先輩オーナーの意見を参考に集魚灯等艤装し山陰仕様に仕上げるそうだ。
では「シロイカ大漁!」の画像お待ちしております。

『納艇前』

2018年11月08日

秋晴れの中DFR33の海上試運転。
サービスマン二名でエンジン及び艤装品の最終チェック。
しかし今年は立冬も過ぎたというのに妙に暖かい。



 

『マリンメカニック』

2018年11月03日

技術継承とは…
熟練技術者の持つ高度な技能やノウハウを次世代にきちんと継承すること。
マリン業界においても講習会やパソコン講座等の支援ツールはあるが、やはり最後はマンツーマンでの手ほどきが必須。
ちなみに弊社のサービス部長は18才の業界デビューからヤマハので下積み時代も入れるとキャリアは40年に及ぶ。
仮に年間100台の船外機を触ったとすれば累計で4000台!
そして言葉少な目の彼はいつも作業を手伝わせながら体得させる。
そのやり方は技術者というより正に職人。
となれば若手との関係も上司部下でなく親方弟子の方がしっくりくる。
現在弊社のサービス部門はスタッフ6名と外注業者4名で取り組んでいる。

1341件中66-70件表示

< 前へ 次へ >