鯛は何処へ

photo 釣り船も疎らな小磯灯台 photo 海底近くには濃い反応 photo 中層にも濃い反応 photo 釣れたのは25cmこの一匹

2024年04月04日

季節は四月春本番!
水温も12℃まで上昇。
しかし以前鯛の姿はない。
今年、桜開花の遅れた原因に暖冬が影響したという説がある。
冬は一定の気温まで下がり、春に一定の気温まで上がればすんなり咲くが、
今年の冬はだらだら暖かく、春は逆に冷え込んだ日が多かったことで遅れたらしい。
牛窓の海水温に準えても、真冬9℃を割ることも無く水温のめりはりが無かったのが原因?
本来なら、腹がパンパン乗っ込み鯛の最盛期のはず…
大漁の吉報を待ち望む今日この頃。

充実のラインナップ

2024年03月30日

桜開花の便りが届く頃となり、マリンシーズン到来!
また、中古艇在庫に関しましては弊社ホームページ未掲載の物件も多数ございます。
従業員一同新店舗で皆様をお待ちしておりますので、お気軽にご来店下さい。

ヌートリア現る

photo 牛窓産ヌートリア

2024年03月28日

早朝庭の手入れ中、背後を何か茶色の生物が通り過ぎた。
一瞬の出来事で、たぶん猫か狸と思っていたら、ギシギシと歯ぎしりのような音!?
音を頼りに見に行くと下の家の玄関口でヌートリアが埋まっている。
恐る恐る近づくと奴は鼻息を鳴らして威嚇してくる始末。
春なのに海に魚の姿はなく、イノシシやヌートリアが俳諧する今日この頃。

初タイラバ

2024年03月27日

『暑さ寒さも彼岸まで』ということで、牛窓沖に海洋調査…
昨年はイカナゴ(瀬戸内最強ベイト)の回遊で、サビキでタイやスズキに加えブリまで釣れた。
しかし、今年は三月に入り何度か調査に行ったが、未だ魚影は確認出来ていない。
水温10℃半ば、魚影は確認できずダメとは思いながらも今シーズン初のタイラバを試す。
黄島中心に各ポイントを二時間余り探ったが、釣れたのは御覧のアカチン一匹(苦笑)
年中釣れ見飽きたタイが愛おしい今日この頃。

 

ジャパンインターナショナルボートショー2024

photo YBM桟橋から出港 photo 日本一の保管数を誇る photo ヤマハブース(屋内) photo 前夜祭のアワビとフカヒレ

2024年03月26日

横浜で開催される国内最大のボートショー。
毎年恒例のイベントだが、コロナの制限無しでは実に4年ぶりの開催。
まずは、フローティング会場である横浜ベイサイドマリーナでDFR36FBを試乗…
予約一番乗りでマイナーチェンジの目玉定点保持機能(Y-FSH)を体感すべく出港。
生憎、この日の東京湾は10m以上の強風吹き荒れるコンディション…
しかし、沖で仮想アンカリングを試すとGPS連動スラスターと電子リモコンでポイントをキープ。
トヨタと共同開発したこの機能、金額換算すれば約500万!!
まあ、艇体価格5000万のオプションとすれば妥当??
しかし、昨今のフィシングボートは航海計器、エアコン、発電機、ジャイロ、定点保持等、
艤装品を頑張れば、あっという間に1000~2000万アップ。
元来外洋での大型スポーツフィシング艇は一部の富裕層向けの高額品であったが、
昨今では近場のボトムフィシング艇に至っても大型化が進み、多機能高額化が見られる。
翌日午前はパシフィコで恒例のヤマハビジネスミーティング、午後は屋内会場を見学帰路についた。



 

1925件中26-30件表示

< 前へ 次へ >