『またもや回航』

photo 笠岡港 photo 神島大橋 photo 瀬戸大橋(下津井) photo 直島(宇野側)

2021年09月30日

今月四回目の回航は笠岡から牛窓。
まあ時間にして二時間余り、回航というには少し大袈裟かもしれないが…
笠岡は瀬戸内海の中央に位置する関係干満の差が大きく、この日は昼の満潮時に合わせ出航。
笠岡港の最奥から澪筋を確認しながら船速を落とし進む。
港の出口ではイイダコ釣りの船団が犇めいていたので最徐行。
沖に出ると波が高かったので、寄島→水島→下津井→宇野→小串→宝伝→牛窓と陸地沿いに帰港。
そして、回航から二日後首肩腰に痛みが…
年を取ると疲労にタイムラグが出来るようだ。
 

『底物』

photo タイラバで仕留めた二匹 photo アコウ photo ヒラメ

2021年09月29日


現在、牛窓沖の海水温度25℃、秋の釣りシーズン開幕。
青物も好調ですが、根魚(底物)も好調。
 

『雇われ船長』

photo 宇品を出港 photo 伯方・大島大橋を通過 photo 男木島灯台を通過 photo 小豆島の内海に到着

2021年09月27日

秋晴れの中、漁船を広島市から小豆島に回航。
この海域はもう慣れたもので、GPSが無くてもへっちゃら。
巡行25Kt、約4時間何のトラブルもなく小豆島に到着。
ここから下取艇に乗り換え約1時間で無事牛窓に帰港した。
 

『秋のお彼岸』

photo 黒島の朝焼け photo 牛窓瀬戸の夕焼け

2021年09月26日

「暑さ寒さも彼岸まで」今年は概ねそんな季節感のようだ。
近年、秋分の日に近い敬老の日と前後の土日を絡め、春のゴールデンウイークに準えシルバーウイークと呼ぶらしい。
大手製造業では最長9連休というところもあったと聞くが、全くもって羨ましい限り。
現在牛窓の日の出が6時、日の入りは18時、朝まずめ夕まずめ短時間集中の釣りには最適の時候を迎えている。





 

『マイクロジギング』

photo 60cmヤズ photo 60cmヒラ photo 放流サイズのヒラメ

2021年09月23日

近年、牛窓界隈で極小ジグ(25~50g)を使用した釣りが流行りつつある。
これまでのジギングは、船縁に立ち硬いジギングロッドで100g~200gのジグを体力勝負でしゃくり上げていた。
これに対しマイクロジギングは華奢なタイラバロッドを使用、座り姿勢でスローただ巻き故簡単且体力の消耗も無い。
秋はタイラバを試しながらカタクチイワシのナブラと遭遇すれば間髪入れずマイクロジギングというように、
あらかじめロッドを二本用意し使分ければ効率よく釣れる。
現在、沖はフィシュイーターのハマチ、シオ、ヒラ、スズキが廻っており、絶好のチャンス!
PS:朝夕は魚が表層にいることもあるので、シンキングミノー、バイブレーションも忍ばせておきましょう。

1662件中46-50件表示

< 前へ 次へ >