『実技指導』

photo 62cm、55cm共に雄でした photo ハマチ78cm photo 先月から導入の新型FAST23 photo 乗っ込み大鯛期待しております

2022年05月05日

このところシースタイル会員さんの釣果がぱっとせず自ら海洋調査。
今日は中潮、7時干潮、干満差の小さい満ち上がり…なら潮通しのよい黄島灯台沖?
8時現着、潮目が薄っすら出来はじめ潮流は東から西へ1.0Kt、40→30mのかけ上がりに鯛らしき魚影…
そして潮流に仕掛けが馴染むや否や図ったかのように一投目からヒット!
普段ならのんびり500m流すポイントも、今日はライバル船が多く150mの間をピンポイントに攻める。
また、二流し目には予想外のハマチが掛かり取り込みに手間取り貴重な時合をロス。
そうこうするうち潮流は1.5Ktに達したがアタリは続き実釣2時間余りで鯛4、ハマチ1の釣果を得た。
暫く待機しているとシースタイル会員さんが到着、ポイントを伝授した後帰港。
タイラバは腕前じゃなく潮、ポイント、仕掛けさえ間違えなければ必ず釣れます。

 

『鯛が釣れません』

photo 出航前のシースタイル艇

2022年05月04日

GWも折り返し、しかしタイラバで鯛が釣れないのです。
特に弊社シースタイル走行海域である牛窓から小豆島北海岸で不調。
GW前半は大潮で潮の動きもよく、水温も活性の目安15℃に達したというのに何が原因で釣れないのか?
出航前会員様にポイント、流し方、釣り方を伝授するのですが、貧果で帰港されると会員様以上に心が折れます。
現在、大槌島、瀬戸大橋方面では比較的釣れているようですが、ここは遠く走行エリア外。
GW後半の潮は小さいので、岬の先や海峡等潮がよく通るポイントを集中的に狙って下さい。
 

『観光船』

2022年05月02日

GWに入り牛窓にも多くの観光客が訪れている。
今日は弊社隣接の埠頭から前島フェリーを貸し切った臨時便が就航。
観光バスから降りた団体客が次々乗船、穏やかな瀬戸内海に出航して行った。

 

『SX422オーバーホール』

photo SX422KM本体 photo 劣化したダンパー photo 各種コア部品

2022年04月30日

皆様今年のGWいかがお過ごしでしょうか?
弊社はGWもマリーナ業務の傍ら中古艇の再生に勤しんでおります。
今月はディーゼル艇が立て続けに3隻入荷、並行して作業を進めています。
このヤマハUF27IB搭載のSX422KMですが、エンジンアワー3000hともなれば各所に劣化が見受けられます。
またターボチャージャーは数年前に交換されているようですが、
今回はダンパー、ミキシングエルボ、ヒートエクスチェンジャー、インタークーラー、シールスタン等の
コア部品とその他消耗品を交換、工賃を含めれば再生費用はエンジン周りだけで100万超え。
ディーゼルの部品は馬力あたりで換算すれば船外機の2~3倍と高額、中古購入時は状態の確認をお忘れなく!


 

『朝練・スズキ』

photo 旬を迎えたスズキ photo 相当の力が加わりのされたハリ

2022年04月28日

スズキ狙いで夜明けに出航。
潮は中潮の満ち上がり…さて何処で釣ろうか?
今日は数よりサイズを求めポイントに…
ジグかチョグリか迷ったがとりあえずチョグリ。
魚探の反応はイマイチだったが、底取り直後いきなりドスン!
グイグイと底がなかなか切れない、大物それとも連で掛かった?
しかし、倹約して使い古しのチョグリだったので、5号ハリスは飛ぶはハリは曲がるは(苦笑)
ホント逃げた魚は大きいっていうが、もしかして青物(ブリorサワラ)だったかも?
【教訓】仕掛けは常に点検、劣化していたら惜しみなく交換!
てなことで実釣1時間6本釣れたところでストップフッシング。
 

1750件中56-60件表示

< 前へ 次へ >