『アサリ』

photo 幻になりつつある天然アサリ photo 毎年2000人が潮干狩りに訪れた黒島 photo こんな小さな干潟にもゴロゴロいた

2022年02月04日

節分、立春を迎えた今週、熊本県での偽装アサリが大きなニュースになった。
輸入した中国産アサリを熊本の干潟に撒き、一週間ほど活かし再び回収出荷。
この「畜養」というシステムは昔からあったが、今回は産地の表示方法が問題視された。
その昔(40~50年前)牛窓も県下有数の天然アサリの産地だった。
それこそ春の大潮、前島や黒島に渡れば天然アサリがバケツに何杯も掘れたものだ。
しかし、平成に入り分量の単位がバケツから丼、お椀、になり現在では何粒と数えられる始末。
一時、大分の畜養アサリ(当時は北朝鮮産)を撒いてはみたが水質が合わず居付くことは無かった。
熊本に限らず、日本一の捕獲量を誇る三河湾でさえピークの1/20に激減。
何が原因でここまで減少したかは定かでないが、正に国内産は絶滅危惧種となったアサリ。
まあ、衛生面さえクリアすれば、東シナ海の左か右かの違いで味は大差ないと思うのだが…
何かアサリの話をしていたら急に食べたくなった…よし、次の大潮は久しぶりに潮干狩?




 

『釣り情報』

photo 上下無段階速度調整付タイブリット2型 photo ここの鯛は全般的にスリム photo 駆け上がりの魚影は活性あり! photo 一番ポピュラーな魚影

2022年02月02日

立春も間近となったがまだまだ寒い日が続いている。
前ブログでも触れたが、一月上旬以降納得のいく釣果に恵まれていない。
また不運なことにWindy予報は10時以降西よりの風10m/s!
一瞬無難に金ヶ崎方面とも思ったが、やはり低水温の時期は実績のある小豆島の南東方面!?
朝一地蔵崎の西岸及び東岸を探査するも大潮で潮が飛んでるせいか反応無し。
次に大福部島を一周するも岩礁帯でメバルの影がチラホラ映ったが無視。
そうこうしているうち時刻は8時、坂手小島でやっとガーミンに鯛らしき反応。
急いでスパンカーを揚げ、FSRをアジャスト、マシーンに竿(電動リール)を装着、スタートフィッシング!
二三時間の釣りなら手巻きもいいが、深場で40~50号鉛を長時間巻き続ければ手は凍り体力もかなり消耗する。
その前に釣れない時間が続けば続くほどモチベーションが下がり疲れ知らずのマシーンに軍配が上がる。だし
そして2時間が経ち6枚ゲットした頃から計ったように風が吹きだし時化る。
風裏になる地蔵崎東岸まで戻り薄い魚影を一時間程追ってみたが釣果無く、大波に翻弄されながら帰港。





 

『言い訳』

photo 朝まずめを狙いポイントへは到着 photo 凪で潮も緩めで絶好のサビキ日和なのに photo 活性ありそうな魚影も映るのに…

2022年01月26日

潮が悪いのか、水温が悪いのか、将又腕が悪いのか鯛がさっぱり釣れない。
私的にも正月初釣り後の三度の釣行は目を覆いたくなるほどのド貧果。
特に22日(土曜)以来天候は安定しているにも関わらずボウズで帰港するオーナー続出。
奇しくもこの日は日向灘で地震発生、否が応でも関連付けてしまうのは釣り人の悲しい性。
まあ、この状況にもめげることなく来週こそはと海洋調査は続く。


 

『大寒』

photo 朝昼晩欠かさず見る画面 photo おそらく節分の頃は7℃台? photo 風は冷たいが晴天続き photo 湾内は至って穏やか

2022年01月20日

今日は一年で一番寒いといわれる大寒。
因みに今朝の牛窓は気温3℃、水温8.3℃…
また、牛窓町と姉妹縁組を結んでいる北海道幌加内は本日国内最低気温-27.7℃。
そろそろ山陰での仕事に行かなければならないが中国山地の雪も心配な今日この頃。
 

『充電させてもらえませんか?』

photo まさか店の裏を通るとは… photo ドカジャン着ててもオーラが凄い! photo 隣のかいぞくさんと作戦会議 photo 記念のボールペンを頂きました

2022年01月15日

今日夕方牛窓を出川哲朗さんの電動バイクが走る?
この情報に老いも若きも町民一同色めき立つ…
やれ西大寺を何時に出発した、今町内に入った等逐一情報が入る。
そして、当店まで後500mとせまったその時、県道から急に海沿の市道に入ったとの情報…
社員一同県道で待ち伏せていたので裏の市道まで猛ダッシュ(笑)
何とか間に合い手を振り声をかけると、
走行中の出川さんからここが日本のエーゲ海ですか?と聞かれ一斉にそうです!と答える。
あっという間の出来事で同行の熊切あさ美ちゃんを殆ど見れなかったのは残念。
そして、バッテリー充電を頼まれることもなくロケ隊はフェリーで前島に渡った。
前島の民宿で小島瑠璃子ちゃんにチェンジ、翌朝再度本土に帰ってくるらしい。
しかし、全国津々浦々多種多様な人々への対応はさすが「日本一のリアクション芸人」のなせる業。
放映された際、派手なオレンジのダウンパーカーが私ですので宜しくお願い致します。
 

1724件中61-65件表示

< 前へ 次へ >