『寒波襲来』

photo 寒風で揺れる椰子 photo 展示場も徐々に賑やかになって来た photo 主力船外機の納期は3~4ヵ月を要す

2022年01月13日

地元の成人式も無事終わり一週間後は「大寒」…
今週強い冬型の気圧配置が続き火水木金と四日連続の北西風。
ありがたいことに雪こそ降らないがこの寒さは身に染みる。
さて、展示場は新艇、中古艇共に少しずつ入荷も増え、春に向けセッティング&レストアが本格化して来た。
 

『狼貧虎視』

photo 3日初釣りの釣果 photo 5日の釣果

2022年01月06日

新年明けましておめでとうございます。
2022年の業務も本日よりスタート。
今年のスローガンは「狼貧虎視」
未だコロナ禍は収束しませんが、これに屈することなく
虎のような勢いで駆け抜けたいと思います。

 

『ゆく年くる年』

photo 来年も釣果情報ご期待下さい photo 来年も全国の港を巡ります photo 来年も早起きし朝練に励みます photo ウォーキングは週6で頑張ります

2021年12月31日

昨年から二年間猛威を振るった新型コロナはピークを過ぎたとはいえまだ油断出来ない状況です。
しかし罹患者の減少を見るにつけ改めて日本人の危機意識の高さを実感した次第です。
この間マリンレジャーにおいては密の無いアウトドアとして見直され、
免許取得者は増加、船の需要及びレンタルボートの稼働数も伸長、
またそれに伴い海難事故も増加する事態となりました。
そして早いものでこの「ハーバーマスター日記」も15年目に入りました、
また来年も身近なマリン情報を発信していきますので引き続きご愛読の方宜しくお願い申し上げます。
2021年大晦日
 

『2022年納竿』

photo ジグは30g~50gを使用 photo カタクチイワシを吐き出す photo 28日の釣果 photo 29日の釣果

2021年12月29日

天気予報によれば30日からは再び寒波襲来?
ならば28日29日連ちゃんで朝練。
家族からは鯛は冷蔵庫に沢山あるので、ヒラメのリクエスト。
なので、やりたかった鯛サビキを封印、マイクロジグで挑む。
28日(長潮)は少々風があったものの魚探の反応は良く日の出一投目からガンガンあたる!
しかし根気よく20本近く釣るもオールハネ…
イケスに活かし全て友人に進呈。
29日(若潮)はベタ凪ぎ、この日も昨日同様日の出からガンガンあたる。
今日は休みに入ったせいか、船団が出来上がり鯛サビキで鯛もボチボチあがっている。
浮気もしたいが、リクエストに応えるべく(サビキではヒラメは釣れない)ジグで攻め続ける。
その甲斐あって、何とかハネ以外にヒラメ1枚と鯛3枚が釣れた。
ということで今年も釣果はさておき80日(その内朝練40日)釣りに行け幸せだった。



 

『嵐の前の…』

2021年12月25日

これから明日に掛け中国地方も今夜寒波襲来!
午前中は普段と変わりない天候も、午後になると次第に風が強まり北の空に真っ黒な雲が出現。
町内放送で水道の凍結防止方法と伝えるアナウンスが何度も流れる。
予報では海上の風速10m超…残念ですがこの土日の出航はお控えください。


 

1724件中66-70件表示

< 前へ 次へ >