『時代の波』

photo 年ごと専用ファイルに収めている

2022年08月12日

お盆前『Boat Fishing』休刊の知らせが届く。
次号9月10日発売が最終号。
いつかはこの日を迎えると思っていても、いざ現実となれば旧友を亡くしたような寂しさを覚える。
1984年5月の創刊以来、毎月釣り場や仕掛けの解説、クルージング時の寄港案内等解かり易く丁寧に連載。
中四国のボートオーナーの認知度は高く、瀬戸内マリンレジャーのバイブルと言っても過言ではない。
また、記念すべき創刊号で当時25才の私は「小豆島のメバル釣り」カラー4ページでデビュー。
これがご縁で約24年間中古艇の広告を掲載、釣りの取材は多い年で3回、トータル30回位同行したと思う。
SNS等ない時代、釣り人にとって雑誌は貴重な情報源、毎月発売直後の土日、ポイントは読者で溢れた。
加えて、漁業者と競合のないポイント案内、海上の安全啓蒙等にも尽力され正統派を全う。
38年6ヵ月、総発刊数446号、ミリオンエコー社そして関係者の皆様長い間お疲れ様でした。

『猛暑のタイラバ』

photo 無風での直射日光は本当堪える photo 生涯初めての真鯛はサイズ控えめ(^^♪ photo T君、余程リールの巻き味が良いのか終始気持ちいいを連発♪ photo 俺のが一番でかいと得意満面

2022年08月10日

猛暑の中タイラバに出掛ける。
実は、同乗のT君が先月タイラバで大物を逃がした、それも二回も…
そのリベンジに燃え、高級リールを購入、もう引っ込みがいかない(苦笑)
当日船の水温計は29℃、寒流系の魚なら昇天する温度。
事前情報も芳しくない中、とりあえず涼しいさを優先させ早朝出港。
だが、人間の都合を優先させたところで涼しい時間帯は潮止…アタリは皆無。
8時、気温は30℃を超え暑さが増した頃から潮が流れ、ポロポロ釣れだす。
しかし、10時を過ぎるとデッキはフライパン状態、もう人間耐久テスト?
11時、暑さも限界に達したところでストップフッシング。
まあ、貧果ながら50オーバーが二枚釣れ何とか格好がついた。
 

『軟体動物』

photo 野翁丸(ヤンマーEX35) photo 夕まずめの爆釣もなくのんびり photo 右舷のアングラー photo 左舷のアングラー

2022年08月04日

高水温で鱗のある魚の釣果はイマイチ、なので最近気分転換にマダコを釣っている。
そんな時山陰のシロイカ釣り(チャーター船)に誘われる。
先に断っておくが私はイカの遠征釣りは年一回程度しか行かない素人。
近年、イカ釣りは野翁丸さん(弊社のお客様)にお世話になっている。
当日賀露港は雨無風無で最高のコンデション!
だいたいこう書き始めると、どこからともなく先が読めるという声が…(笑)
それでは釣果発表、竿頭U君35杯、2位I君30杯、3位Y君20杯…ここまでが上位3人。
そして、残り5人は総じて10杯前後と貧果に沈んだ。
今回、密かにYouTubeで予習、竿まで新調したのに…(泣)
そして、皮肉にもタックルBOXは釣果に反比例、イカエギは増加中。
PS:イカが貧果でお土産に鳥取梨を買ったが何処かに置き忘れ、家でダブルのダメ出しをくらう。


 

『和船曳航』

photo 現地に向かい photo 5Ktで曳航

2022年07月31日

町内の港から和船を曳航。
このヤマハW23、艇体は昭和57年製造、ちょうど40年落ちの年代物!
デッキには剥離ヵ所が点在するもののハルはまだまだ綺麗。
3台めの船外機はまだ使用出来ないこともないが、オーナーの高齢に伴い引退となった。
 

『牛窓特産』

photo 西瓜と南瓜で遊ぶ童

2022年07月30日

ご近所さんから西瓜と南瓜を頂いた。
牛窓は海の印象が強いが夏野菜の産地としても有名。
そんなことで、我が家の冷蔵庫には必ず冷えた西瓜が入っていて週3で食っている。
また、自家栽培のゴーヤも収穫期を迎えこちらは週5(義務)で食わされている。

 

1724件中1-5件表示

次へ >