花火の準備

photo フェリーで渡ったトラック

2023年08月04日

自宅から海を眺めると一文字防波堤に花火を積んだトラックが二台。
そう、明日は8月第一土曜、牛窓花火大会。
先日のニュースによれば、
東京隅田川花火大会は打ち上げ数20000発に対し人出103万人。
それに対し牛窓花火大会は打ち上げ数2000発に対し人出1万人。
因みに牛窓町の人口約7000人。
隅田川の玉の大きさやクオリティーは解らずもコスパでは勝る。
あれ?なんか意味不明な内容になってしまったが、
とりあえず明日は駐車場係を頑張らねば!



 

暑中お見舞い申し上げます

2023年08月02日

8月に入り暑さは日々増すばかり、
猛暑、極暑、酷暑、昭和の時代こんな表現無かったと思うが…
そして、35℃が続いた後の30℃は涼しく感じる始末。
近年日本の夏で一番涼しいのは南国沖縄となり、全く分けが分からなくなった。
私の場合熱中症(血管が詰まった経験あり)を警戒、ライフワークである釣りも休止。
牛窓の水温も28℃超え、海中の魚も茹だってないかと心配する今日この頃。
 

真夏の回航

photo 15kt走行、これ以上だとキャビる photo 右手に神戸 photo 前方に明石大橋 photo 無事牛窓港に到着

2023年07月29日

今日のミッション、S-QUALOを大阪湾から牛窓まで(70mile)回航。
単独航海故各所を念入りにチェック、燃料満タン、いざ出航!
しかし、想定外のフジツボの付着で巡行15kt/4500rpm、消費量73L/H、燃料タンクキャパ300L。
猛暑で半分も回らない頭で懸命に割り算、無補給で帰港できるか微妙な状況。
明石海峡を抜け西向きに流れる満ち潮が2ktでも助けてくれればと淡い期待を持ちつつ船を進める。
潮も風も多少助けてくれたが、家島を過ぎた辺りで燃料ゲージが点滅、いよいよやばい。
そして、牛窓まで後3mileのところで敢え無くガス欠(泣)
事前に弊社スタッフが海上で待機しており、給油後無事到着。
結局、通常の倍、約5時間を要した。
遠出の際、船底のチェックは忘れないように!

 

FC26納艇

photo ボート専用運搬車で陸送 photo サンマリーナ宮崎 photo 宮崎の地鶏は本当美味い! photo 宮崎県油津港

2023年07月28日

FC26をサンマリーナ宮崎で納艇。
宮崎に来るのは実に6~7年ぶり?
この日の日向灘は比較的穏やかで試運転も出来オーナー様もご満悦。
余った時間で27年前ヨットを牛窓まで回航した、思い出深い油津へも行ってみた。


 

梅雨明け宣言

photo オリーブ園からの牛窓諸島 photo 塩飽諸島沖

2023年07月20日

本日、中国地方の梅雨が明けた。
明けたはいいが、これから先猛暑がほぼ確実視されている。
来週は宮崎県での納艇や関西からの回航が待ち受けている。
もう歳も歳なので熱中症には気を付けたいと思う今日この頃。
 

1939件中111-115件表示

< 前へ 次へ >